レギンスに関する情報満載のサイトです。

レギンスをここでもあそこでも使用してます

レギンスとは、脚にぴったりフィットするタイツの足先を切ったようなレッグウエアで、5・7・10分丈と長さが色々あります。
レギンスが用いられるようになったのは、2006年頃からでそれまではこのような商品はスパッツと言われていたのです。
始めはレディース用としてのアイテムでしたが、近年は多くのメーカーで男性用の商品も販売しています。
基本的にはインナーとして使用することが多いですが、他には上からハーフパンツを合わせるのもあり、基本は黒目の長めのを選び、ゆったりめのハーフパンツを選ぶとコーディネートもしやすくなります。
今はさまざまな色柄があるのでハーフパンツによって色々選ぶことができます。
スポーツウェアにもよく使われ、サッカーやバスケットボールなどで使用されています。
スポーツ専用の商品もあり、素肌が露出しない分転んだ時にキズを軽減できますし、筋肉痛の軽減などの特徴もあります。
レギンスとよく似た商品でトレンカがあります。
トレンカは足首にひっかけるひもが付いています。
足首にひっかけることで足を細長く見せる効果があると言われています。
合わせる靴がハイヒールなど足首が見える方がさらに細長く見えてベストです。

様々なレギンススタイル

以前はスパッツと呼ばれていた商品ですが、今はレギンスと呼ぶのが一般的となっています。
タイツのように脚にフィットしつつ、ひざ下丈や、足首までのフット部分を出す丈で、夏にサンダルとあわせてはいたりすることもできます。
最近は、レディースだけではなく、キッズ用、メンズ用も売り出されています。
女性、女の子であれば、ワンピース、チュニックの下に履いて合わせるのが一般的です。
タイツのような素材から、デニム生地、後ろにポケットがついたズボンに近いデザインも出されていますので、下着を気にしないといけないミニスカートにも挑戦できます。
公園で子供達を遊ばせる子育て世代の人でも、ズボンだけではなくスカートスタイルでおしゃれを楽しむことができるようになりました。
また、数年前から、男性や男の子のレギンススタイルをみるようになりました。
代表的なスタイルは、ハーフパンツの下に合わせるスタイルでしょうか。
フル丈のジーンズと比べ、ハーフパンツにレギンスを合わせるスタイルは、膝周りが動かしやすく、登山の際に使用したり、サッカーなどのスポーツのトレーニング時に使用する人が多いです。
色、柄、質感共に様々ですので、シーンにあわせてオシャレを楽しむことができます。

pickup

スタインウェイの中古グランドピアノを中心とし、国内外の希少ピアノを展示しております。

スタインウェイ

石川県を中心に様々な営業スタッフを求めています。

人材派遣 金沢

美容ハサミや理容鋏、美容師・理容師向けのプロシザーを取り扱い

美容はさみ

Last update:2017/3/2


ページトップへ▲